炭水化物の摂り過ぎは糖が体内にだぶつきやすくなり肥満の原因に!

糖の吸収を抑える食事

 

パンの画像

糖質の多い食事ばかりしていると体に大きな負担がかかってしまうというのは知っていますか?

 

パンや麺類、ごはんなどの炭水化物は食後の血糖値を急激に上昇させてしまうので、血糖値を元の値に戻すのにとても時間がかかります。

 

現在、日本人の6人に1人は正常な人より血糖値が高めの状態にあり、そのまま糖の吸収を抑える対策を何もせずにいると将来的に糖尿病にかかってしまうリスクがあります。

 

 

糖の吸収を抑える食事でダイエット

40歳以上で普段運動する習慣がない場合食後高血糖になってしまっている可能性が高いです。

 

代謝が若い頃に比べるとどうしても低下してしまうので、糖の吸収を抑える工夫をしないと糖が体内でだぶつきやすくなり、実に60歳以上の方では3人に1人が食後高血糖などの糖尿病予備軍に当てはまってしまっているという現実があるのです。

 

血糖値が高いと分かった段階で糖質の吸収を抑える食事の工夫をすぐに始める必要があります。

 

⇒サラシアで毎日の食事を楽しみながらポッコリお腹を解消!

 

しかし問題なのは血糖値は高くても他の病気と違って自覚症状が全くないという場合も珍しくないため、糖の吸収を抑える努力を怠りがちです。

 

職場の定期健診や人間ドックで血糖値が高いと指摘を受けても、深刻に受け止めて糖の吸収を抑える対策をすぐに始める方は少ないのが現状です。

 

ですが糖の吸収を抑える対策をせずに血糖値が高い状態をそのまま放置してしまうと健康面で体に様々な悪影響が出てきます。

 

糖の吸収を抑える工夫をせずに炭水化物などの糖質が多い食事ばかりしていると食後に血糖値が急上昇してしまうので血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されてしまいます。

 

 

糖の吸収を抑えるならサラシア

エネルギーとして消費しきれなかった糖が内臓脂肪として蓄積され40代を過ぎるとお腹周りにお肉が付きやすくなります。

 

いわゆるメタボと呼ばれるような状態です。

 

すると脂肪細胞からインスリンの働きを邪魔する悪玉ホルモンが分泌されるようになりだんだん血糖値が下がりにくくなってしまいます。

 

糖の吸収を抑える食事の工夫をしないで、この状態を放置すると血中に増えすぎた糖が細胞のたんぱくを変性させてしまい正常な働きを阻害してしまうのです。

 

たとえば血管の細胞が増えすぎた糖によってダメージを受けてしまうと血管内皮細胞から分泌される一酸化窒素の量が減ってしまう事で血管が硬く収縮してしまい動脈硬化や高血圧の原因になります。

 

一酸化窒素(NO)には血管の傷を修復したり平滑筋を緩めて血管を広げる働きがあるからです。

 

腎臓や網膜などの細い血管が密集する臓器は真っ先に血中のだぶついた糖によってダメージを受け慢性型腎臓病や網膜症などの重大な病気を引き起こすリスクが高くなります。

 

このように血糖値が高いという事自体ももちろん問題ですが、それ以上に糖の吸収を抑える対処をせずに血糖値が高い状態が慢性的に続いてしまうと他の病気を連鎖的に引き起こしてしまうことが一番怖い部分なのです。

 

こういった事態を避けるためには健康な今のうちから糖の吸収を抑える食事メニューを心がけ栄養バランスを考えた食事を心がける必要があります。

 

でもいくら糖の吸収を抑える食事が健康に良いといってもいきなり今までの慣れ親しんだ食生活をガラリと変えるというのもなかなか難しいことだと思います。

 

しかし糖の吸収を抑える工夫を日常生活で何もしないと数年先には高血糖により動脈硬化が始まりだすかもしれません。

 

健康診断結果

 

そうなると将来的に高い血圧によって血管がボロボロになってしまい心筋梗塞などの心疾患や脳血管障害といった深刻な血管病を招く恐れがあるのです。

 

なので高めの血糖値が気になっている方はまず糖の吸収を抑えたり糖をエネルギーとして燃やしやすくしてくれる効果のあるサプリメントを日常生活に取り入れることから始められてはいかがでしょうか。

 

こちらのサイトでは実際に試してみて効果の高かった糖の吸収を抑える効果のあるサプリメントや評価の高い人気の血糖値対策サプリメントを中心に紹介しています。

 

サラシアを使ったダイエットサプリや低糖質食品が話題に!

 

低糖質食品

 

天然樹木のサラシアエキスに含まれる成分には糖の吸収を抑える効果があるとして色々なダイエット食品やサプリメントに使われています。

 

糖の吸収を抑える効果が認められた機能性表示食品や特定保健用食品の市場は急速に拡大しています。

 

たとえば小林製薬からはサラシア100という糖の吸収を抑える効果を表示することが消費者庁によって許可されているトクホ認定のサプリメントがネット通販で買えます。

 

サラシア100には糖の吸収を抑えるサラシア天然エキスに含まれているネオコタラノールが配合されていて食事の前に飲むことで小腸での糖質の分解をブロックして吸収されるブドウ糖を少なくすることで血糖値の上昇を抑える効果があります。

 

糖の吸収を抑えるサラシア100の効果

 

このように糖の吸収を穏やかにする機能が認められたサプリメントや健康食品というのはダイエットや血糖値が気になる中高年に需要があるので色々な食品メーカーや医薬品メーカーから発売されています。

 

その中で糖の吸収を抑える機能性関与成分やトクホの成分として人気なのがサラシアエキスです。

 

富士フイルムもメタバリアスリム(メタバリアS)というサラシアを使った糖の吸収を抑える効果のある健康サプリメントが人気です。

 

チェックポイント

メタバリアSはサラシアエキスに含まれるサラシノールという2糖類分解酵素の働きを阻害することで糖質の分解スピードをおだやかにして糖の吸収を抑える天然成分をサプリメントに配合しています。

 

少し前に整腸機能がプラスされたメタバリアSとなって新しく商品をリニューアルしたようです。

 

糖の吸収を抑えるのと同時に腸内環境を一緒に改善できるのは便秘がちな人にとってはうれしいですね。

 

メタバリアSでは糖の吸収を抑えるだけでなく小腸で吸収されなかったオリゴ糖などの糖質が大腸でビフィズス菌などの腸内環境を整える善玉菌のエサになることでお通じの改善が期待できます。

 

4週間、試しにメタバリアSを飲み続けた場合、大腸におけるビフィズス菌の比率が約5倍になったという科学的根拠がデータとして示されています。

 

糖の吸収を抑える科学的根拠

 

糖の吸収を抑えてなおかつ腸内環境も改善できる富士フイルムのメタバリアSは公式サイトで申し込めば2週間分が1コイン500円でお試しできるので手軽に始めやすく血糖値が気になる中高年に人気です。

 

少し価格は高くなりますがアマゾンや楽天などの通販サイトでもお試し品が販売されています。

 

他にも吉野家からは糖の吸収を抑えるサラシアエキスを牛丼に入れることで食後の血糖値の上昇を抑える機能性表示食品のサラ牛が発売されました。

 

牛丼は特に炭水化物や脂質が多くて糖の吸収を抑えたい血糖値が気になる方にとっては食べたくても健康のために我慢している方も多いと思います。

 

ですがサラ牛なら普通の牛丼の半分程度の糖質に抑えられているので、血糖値が高めの方も安心して食べることができます。

 

現在はネット通販限定で10袋で5000円で販売されていますが、お店のほうでもできるだけ早く販売できるように準備を進めているとのことです。

 

まさか牛丼で糖の吸収を抑えるサラシアを使った血糖値対策食品が発売されるとは予想もしていませんでした。

 

糖の吸収を抑えるサプリ人気ランキング

サラシア100【小林製薬】

サラシア100は日本の製薬会社 小林製薬から販売されている血糖値対策サプリメント。

 

糖の吸収を穏やかにする働きのあるネオコタラノールが配合されている。

 

糖の吸収を抑える特許成分のネオコタラノールが消費者庁にトクホ成分として初めて認められた商品。

 

食後の血糖値上昇を穏やかにすることで毎日、健康にとって大切な血糖値コントロールが手軽にできる。

 

製薬会社ならではの厳格な製品管理で安全・安心

 

合成保存料・着色料は一切不使用の無添加サプリメント

 

サラシア100公式

 

価格 容量 評価
4,536円初回半額2,268円 約30日分90粒 糖の吸収を抑える食べ物

アラプラス糖ダウン

糖ダウンは食後の血糖値上昇を穏やかにする機能性表示食品として消費者庁に認められている。

 

これまでの血糖値対策サプリメントとは違って糖の吸収を抑えるのではなく、糖ダウンに含まれる希少成分のALAが細胞のミトコンドリアの働きを活性化して糖をエネルギーとして燃焼しやすくすることで食後の血糖値上昇を抑える。

 

機能性関与成分のALAが糖の燃焼をサポートしてだぶつきがちな糖が脂肪になるのを防ぐ効果がある

 

糖ダウンは1日1回だけ飲めばいいので飲み忘れの心配がなく、いつでも自分が好きなタイミングで飲めて続けやすい

 

糖ダウン公式

 

価格 容量 評価
4900円 1ヶ月分30カプセル 糖の吸収を抑える食べ物

メタバリアS

富士フイルムと言えばカメラや写真フィルムのメーカーというイメージがありますが、実は長年の研究開発で培ってきた技術力を生かしてヘルスケア事業に参入、内視鏡などの医療機器をはじめ機能性化粧品のアスタリフトや健康サプリメントのメタバリアスリム(メタバリアS)や新グルコサミン&コラーゲンなどヒット商品を生み出しています。

 

リニューアルされたメタバリアSは従来通り小腸の2糖類分解酵素であるα-グルコシダーゼの働きを阻害することで糖が血中に取り込まれるのを抑える働きがある。
※糖は単糖であるブドウ糖に分解されないと小腸から吸収されません

 

メタバリアSで新たに追加された効果として小腸から吸収されなかったオリゴ糖や乳糖などの糖質が大腸のビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサになるので腸内フローラを整えて巡りの良い体質に。

 

食後高血糖を予防することでインスリンを温存できるのですい臓への負担が抑えられ、加齢による糖代謝機能の低下が抑えられ糖尿病のリスクを下げることができる。

 

メタバリアスリム公式

 

価格 容量 評価
特別価格500円 お試し2週間分 糖の吸収を抑える食べ物

Miss.CoCo

MissCoCo(ミスココ)は色々な女性誌のダイエット特集で取り上げられている人気のダイエットサプリです。

 

厳しい食事制限は必要なく健康的に食べながら理想のボディに近づけるように色々と配合成分に工夫がされています。

 

ミスココには難消化性デキストリンが配合されているので食事に含まれる脂肪と糖の吸収を穏やかにすることでカロリーの摂り過ぎを抑える効果があります。

 

その他にもスーパーフードのタイガーナッツや天然オリゴ糖と食物繊維をたっぷり含んだ赤ビーツ、生きたまま腸まで届くスポロ乳酸菌など女性にうれしい成分がたくさん入っています。

 

↓↓全額返金保障付き↓↓
ミスココ公式

 

価格 容量 評価
初回限定680円 お試し60粒 糖の吸収を抑える食べ物

Miss.CoCoは全額返金保障付き

 

Miss.CoCoはお試し定期コースに申し込めば初回に限り送料無料で680円(税込)でお試しできます。

 

よくあるお試しキャンペーンは最初だけ安く買えても定期継続回数の縛りがあって、1回で止めることは難しい契約になっていることが多いです。

 

小さく記載のある6回定期継続の記述を見落としてしまい無理やり半年間飲み続けたという話をよく聞きますが、ミスココサプリの場合はそのような心配はありません。

 

もし1回、MissCoCoを試してみて自分には合わないなと思えば、次回以降の注文はいつでも解約することができます。

 

無理に3回とか6回継続させられることはないので安心して試せます。

 

糖質オフ食品がダイエットやメタボ対策に大人気

 

糖質オフ食品でダイエット

 

最近、飲料メーカーや食品メーカーは糖の吸収を抑える作用のある糖質オフや糖質ゼロの食品開発にしのぎを削っています。

 

ヘルシア緑茶や特茶は有名な俳優さんをCMに起用して広告に力を入れているのでそれだけ糖の吸収を抑える糖質オフ食品の市場が大きくなっているんだと思います。

 

やはり糖質の取り過ぎは肥満の原因になるのでどうしても若い女性やメタボが気になる中高年層にとっては糖質の吸収を抑えたいですよね。

 

アサヒ飲料の三矢サイダーも糖の吸収を抑えるだけではなく食後の脂肪と糖に働くダブルトクホ食品を新しく販売してテレビCMで広告が始まっています。

 

ダブルトクホ食品のCM

 

まさか炭酸飲料の分野で糖の吸収を抑えるトクホ食品が出るとは10年前では考えられませんでした。

 

最近よく見かけるサントリーの伊右衛門 特茶でも脂肪を分解することでエネルギーとして燃やしやすくするトクホ成分を配合した新商品が大人気なので飲料分野で糖の吸収を抑える糖質オフ食品や脂肪対策のトクホ食品は今後ますます増えていくでしょう。

 

また飲料メーカーの新市場開拓の余波を受けて糖質制限の波がお菓子やコンビニ弁当、パン、インスタント食品、冷凍食品、お惣菜にも波及していくことは間違いないでしょう。

 

その傾向はもうすでに現れてきていてインスタントラーメンや牛丼業界では早くも糖の吸収を抑える効果が高い糖質オフ食品の開発競争が激化しています。

 

ラーメン画像

 

牛丼チェーン大手のすき家は外食チェーンで初めてロカボ認証を取得したと先日WBSの放送で紹介され、糖質を抑えた『ロカボ牛麺』と『ロカボ牛ビビン麺』を新発売

 

新商品は糖の吸収を抑える食品に人気の素材である米粉を使ったこんにゃく麺を使用しているので通常の牛丼と比べると糖質は5分の1に抑えることに成功。

 

健康志向の高まりによって糖質を多く含む主食が悪者扱いされてしまいお米離れが進む中、すき家は糖質オフ食品をラインナップに入れることで炭水化物をこれまで敬遠していた客層にもアプローチして取り込もうという戦略のようです。

 

またライバルチェーンの吉野家もネット通販限定で機能性表示食品『サラ牛』の販売をスタートしました。

 

サラシアエキスという血糖値の上昇を抑える機能性関与成分を食品に加えて普通の牛丼を食べた場合よりも血糖値の上昇を穏やかにする効果があります。

 

サラシアはインドや東南アジア原産の天然の樹木で古くからダイエットや糖尿病予防のための漢方エキスとして海外では広く一般的に使われてきた歴史があります。

 

メタボ対策

 

サラシアの天然エキスには食事に含まれる糖の分解をブロックすることで体内に吸収されるブドウ糖の量が抑えられるので食後の血糖値の上昇が緩やかになることが期待できます。

 

吉野家はゆくゆくはサラ牛のような低糖質食品を実店舗のレギュラーメニューとしても追加販売できるようにできるだけ課題をスムーズ解決して糖質オフの食品メニューの充実を図るとのことです。

 

他にもカップヌードルで有名な日清は糖質オフ食品として『カップヌードルナイス』を開発

 

新しく開発した糖の吸収を抑える効果が期待できる食物繊維を練り込んだノンフライ麺を使うことでこれまでの食品よりも糖質は40%、脂質は60%抑えられているので夜食に食べても罪悪感が少なくて済む消費者にとってはありがたい糖質オフ食品になっています。

 

カップヌードルナイスは30代から40代の男性をターゲットにしている商品なのでカロリーや糖質は減らしても味付けを濃くすることで食べ応えは損なわない工夫がされています。

 

糖質制限は生活習慣病の予防にとても効果的

 

糖質オフ食品でダイエット成功

糖の吸収を抑える効果のある糖質オフメニューが増えている理由としては味が昔に比べると格段に美味しくなっている点が挙げられます。

 

食品メーカーの地道な研究と昨今の技術革新によって今までと同じ味付けでも食材を変えたり新しい製造技術を導入することで大幅に糖質をカットすることが可能になってきています。

 

飲料メーカーや食品メーカー、外食チェーンがここ数年続々と糖の吸収を抑える糖質オフメニューを打ち出している背景には低糖質や糖質オフの市場が10年前と比べると3倍以上に拡大しているという背景があります。

 

それだけ糖質の取り過ぎが肥満の原因になっているということが糖の吸収を抑える需要にマッチしたロカボ特集のような感じでメディアや書籍で取り上げられる事で視聴者に浸透してきている事が大きく影響していると思われます。

 

ローソンで発売されてヒット商品になった糖の吸収を抑えるブランパンも従来の小麦粉に変えて米ブランを使用した低糖質パンです。

 

aaaライバルのコンビニのファミリーマートでもローソンのブランパンにヒットを受けて、RIZAPと共同開発した糖質制限商品のブランロールやカスタードプリンといったパンやスイーツに加えて飲料や焼菓子など合計9種類もの低糖質メニューを一気に新商品として発売して巻き返しを図っています。

 

これまでも糖の吸収を抑える効果のある糖質制限商品というのは存在したんですが、どしても糖質をカットすると薄味になってしまうという欠点があったため消費者にはあまり受け入れられなかったため味を落とさないようにしていかに糖質をカットするかが企業にとって長年の研究課題だったんです。

 

そして長年の研究成果がやっと実を結び、こってり味でもロカボという消費者のニーズを満たしたことで近年爆発的に糖の吸収を抑える低糖質商品が売れているというわけですね。

 

企業側としても糖質オフという付加価値を付けることで通常の商品よりも値段設定を高くしても売れるので利幅が大きくなりうまみのあるジャンルなのでこれからますます低糖質の市場は拡大していくと思われます。

 

食パン

 

パンやご飯などの炭水化物が多い食品は糖質が大量に含まれているので食後の血糖値が急激に上昇してしまいインスリンによって脂肪組織に取りこまれるブドウ糖の量が増えるとそのまま体脂肪として定着してしまいなかなか落とすのが難しくなってしまいます。

 

なので血糖値は糖の吸収を抑える食事を習慣にして最初から上げないようにすることが肥満予防の観点からはとても重要になってきます。

 

肥満は放置してしまうと高血圧や糖尿病といった生活習慣病にかかりやすくなるため糖の吸収を抑える対策をしないままだと将来的に心筋梗塞や脳卒中といった血管病を発症するリスクがかなり高くなることが分かっています。

 

 

食生活を改善

 

太っていても体が痛いとかの自覚症状があるわけではないのでそのうち痩せればいいやと安易に考えがちですが、そうしている間にも血管が高い血圧によって傷つけられ動脈硬化が進行しているかもしれないので気づいた時には大きな病気を発症してしまっているというケースも実は非常に多いんです。

 

なので30代を過ぎたら糖質の吸収を抑える事は将来の健康を考えた場合には避けては通れません。

 

糖質を抑えながらも美味しく炭水化物が食べられる糖質オフ商品というのは上手に活用していけばもちろん食べ過ぎはいけませんが、食事をそれほど我慢しなくてもいいというのが大きなメリットだと思います。

 

食物繊維が豊富な寒天で糖の吸収を穏やかに

ポッコリお腹が気になる女性

 

炭水化物や甘い物が好きでやめられない…

 

でも痩せたいし血糖値も気になる(-_-;)

 

そんな悩みをお持ちなら糖の吸収を抑える食材が解決の手助けになります。

 

糖の吸収を抑える食べ物として一番有名な食材に寒天があります。

 

理由は寒天に豊富に含まれる水溶性食物繊維が糖の分解を遅らせる効果があるからです。

 

結果として小腸から吸収されるブドウ糖が抑えられるのです。

 

なぜかというと小腸は糖の最小単位であるブドウ糖しか吸収することができません。

 

また消化吸収されずに余ったオリゴ糖などの多糖類は腸の善玉菌のエサになるので腸内環境が良くなりスッキリしやすくなります。

 

このように私たちの体にとっては良いことだらけの水溶性食物繊維ですが、実は私たちの身近に売られている食品や飲料にも幅広く使われています。

 

ペットボトル飲料などの裏の成分表示を見てみると難消化性デキストリンという成分をみかけることがあると思います。たとえばからだすこやか茶Wがそうです。

 

難消化性デキストリンとは簡単に言うととうもろこしを原料とした水溶性食物繊維のことです。

 

今、この難消化性デキストリンが様々なトクホの食品や飲料、健康食品に利用されています。

 

難消化性デキストリンを上手に活用すれば今までの食習慣を変えずに痩せることも可能です。

 

水溶性食物繊維の難消化性デキストリンは脂肪と糖の吸収を抑える機能性関与成分として様々なトクホ商品に使われています。

 

そして寒天は成分の約8割が食物繊維でできていて水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいる非常に珍しい食品なのです。

 

寒天の中の水溶性食物繊維が小腸で水分と混ざり合うことで粘っこいゲル状に変化し、糖質を包み込むことで小腸に吸収されるスピードを緩やかにします。

 

また寒天はカロリーがほとんどない低カロリー食材なのでダイエット食材としても優秀です。

 

でも“寒天を毎日食べるのはちょっと難しそう”と思われる方は寒天の水溶性食物繊維と同じ様に糖の分解を遅らせる効果のあるサラシアという天然植物があります。

 

 

肥満は糖質の多い食品の食べ過ぎが原因

 

わたしは若い頃に比べると体重がかなり増えてしまい肥満と血糖値の高さに悩んでいました…

 

でも甘い物が大好きなので止められずに悩んでいた時にサラシアの糖質カットサプリメントの事を知り駄目元で試してみたのですが、これが意外に今までのどんなものよりも効果を実感できたので今では手放せなくなっています。

 

サラシアの糖質カットサプリを飲み始めておかげでぽっこりお腹も目立たなくなり今では嘘のように毎朝スッキリできるようになりました。

 

また体重が減少するにつれて血糖値もだんだん下がってきました。

 

私は50代ですが以前は食後の血糖値が急上昇してしまう事が悩みで、悪い時には食べ終わって30分後の血糖値が180mg/dlを超えてしまう事もありました。

 

この数値だとこのまま行けば完全な糖尿病なので、網膜症や腎症などの合併症が心配で血糖値を下げるにはどうすればいいかかかりつけの医師に相談したり色々と独学で勉強しました。

 

とにかく食後の血糖値の急上昇を抑えることが糖尿病にならないためには重要です。

 

そのためには糖質の多い、ご飯やラーメン、パスタなどの麺類の食べ過ぎは控える必要があります。

 

また食べるスピードが早いのも血糖値が急上昇してしまう原因です。

 

ゆっくり時間をかけて食べるようにするだけでも食後の血糖値の上昇が緩やかになります。

 

エネルギーとして消費されずに余った糖は中性脂肪として体内に蓄えられるので動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の原因にもなります。

 

糖尿病になってしまうのはあまり運動をしないのに甘い物や炭水化物の食べ過ぎによる糖質のとりすぎです。

 

しかしかつ丼やカレー、ピザなどの炭水化物の多い食事は美味しいので完全に我慢するのはなかなか難しいと思います。

 

我慢していてもどうしてもご飯などの炭水化物を無性に食べたくなる衝動が起こるのは避けられません。それを無理に我慢してしまうとストレスから結局ドカ食いしてしまい激しい後悔に苛まれることになりますよね。

 

どんなに良い方法だったとしても継続できなければあまり意味がないな~と思いました

 

そこで今まで通り美味しい食事や甘い物を我慢せずに手軽に取り入れられる血糖値対策として始めたのが天然植物サラシアの糖の吸収を抑える成分を配合したサプリメントです。

 

このサラシアのサプリメントには小腸の消化酵素の働きを抑えることで水溶性食物繊維と同じ様に糖の分解を遅らせる成分サラシノールが配合されています。

 

サラシノールは小腸の消化酵素であるα-グルコシダーゼの働きを阻害して糖質が分解されるのを遅らせる働きがあります。

 

これは食後高血糖の治療薬としても用いられるα-グルコシダーゼ阻害薬と同じ効果で、天然植物由来の成分サラシノールによって同じ効能を実現しています。

 

なのである程度は今まで通り我慢せずに好きな食事を続けることが出来ます。

 

⇒高めの血糖値が気になる方に本気の血糖値対策!

 

食後高血糖は糖尿病予備軍の明らかな兆候

血糖値に悩む女性

 

なぜここまで食後血糖値が高くなるまで放置してしまったのかというと会社の健診で測った空腹時血糖は110を少し超える程度でそれほど高くはなかったからです。

 

後で知った事ですがまずはじめに食後の血糖値が急上昇する状態が数年ほど続いてから徐々に空腹時血糖値が悪化していくのが大体の糖尿病を発症するパターンみたいです。

 

それを知らなかったので空腹時血糖の数値だけを見てまだ糖尿病に関してはあまり心配はしていませんでした。

 

ところが偶然、食後の血糖値を測定する機会があって自分の数値を知ったときにはあまりの高さに正直驚きました。

 

それから色々と糖の吸収を抑える食べ物を調べるようになりました。

 

最初にも取り上げた寒天は糖の吸収を抑える以外にも私たちの健康に良い様々な効果があります。

 

水溶性食物繊維は腸の善玉乳酸菌のビフィズス菌のエサとなるので整腸作用があります。

 

また不溶性食物繊維は腸の水分を吸収することで便のかさを増やし蠕動運動を活発にするので便秘の改善効果もあります。

 

他にも悪玉コレステロールを取り込んで体外に排出するので血中のコレステロールの数値を下げて過酸化脂質の生成を抑えるので動脈硬化を予防・改善が期待できます。

 

⇒空腹時と食後の血糖値をWで対策!

 

水溶性食物繊維が小腸からの糖の吸収時間を遅らせる

 

糖の吸収を抑える食べ物としてはこのように水溶性食物繊維を含む食べ物が特にその効果が優れています。

 

水溶性食物繊維を多く含む食べ物としては他にももずくやワカメなどの海藻類やこんにゃく、納豆、モロヘイヤやオクラなどのネバネバ野菜があります。

 

普段の食事でもけっこう摂取しやすい食品も多いのでこの中から自分に合った食品を毎日食べるようにしています。

 

特に納豆やワカメは毎日朝食で食べるようにしています。

 

また食事と一緒に摂取することで糖の吸収を抑える食品としてはお酢があります。

 

お酢の主成分である酢酸には食事で取り込まれた糖質の分解を遅らせる働きがあるので腸からのブドウ糖の吸収が穏やかになります。

 

糖質の吸収を抑えるのにオススメのお酢はワインビネガー、リンゴ酢、黒酢があります。

 

美味しくて毎日続けられそうだなと思うお酢をどれか選んで毎日食事の前に大さじ2杯のお酢を水で割ってから飲むようにすれば血糖値のピークを抑えることが出来ます。

 

 

お酢の主成分である酢酸はベイスンと同じ効果がある

 

私たちの口から入る糖類はデンプンなどの多糖類で、そのままでは小腸から吸収できないので消化器官によって単糖まで最終的には分解されて小腸から吸収されていきます。

 

お酢は小腸で麦芽などの2糖類から単糖のブドウ糖に分解する働きを阻害する作用があり2型糖尿病薬のベイスンと同じ働きをします。

 

お酢を飲むことによって食後の血糖値が抑えられ糖尿病の予防にもなります。

 

糖尿病はたいてい食後の高血糖がしばらく続いた後に数年程度かけて空腹時血糖も一緒に数値が高くなっていく傾向があるので、食後の血糖値を低く抑えることが糖尿病予防のカギになります。

 

私も毎食ごとに食酢を飲む習慣を付けてからは食後の血糖値をずいぶん下げることができました。

 

やっぱり続けることって大事ですね。

 

この他に高血糖対策として難消化性デキストリンを配合したコーヒータイプの健康食品を食事療法の補助的な意味合いで試しています。

 

難消化性デキストリンはとうもろこしから抽出した水溶性食物繊維で糖を包み込むことで小腸にブドウ糖が吸収されるスピードを穏やかにしてくれます。

 

このコーヒータイプの健康食品は消費者庁からトクホの認定も受けているので安心して飲むことが出来ます。

 

味が美味しいので毎日続けるのは苦になりません。

 

食後に血糖値が急に上がり過ぎるとインスリンが大量に分泌されてしまいすい臓に負担がかかってしまうのでインスリンの分泌量が減り作用も弱まってしまうので血糖値が高い状態が続いてなかなか下がらなくなってしまいます。

 

そのために糖の吸収を緩やかにすることは糖尿病予防の観点からとっても大切なことになります。