食事の後に血糖値が高くなってしまう仕組み

血糖値が高いと私たちの体はどうなってしまうのでしょうか?

 

食事によって炭水化物などの糖質が体内に吸収されると消化酵素によって単糖(ブドウ糖)まで分解され小腸から吸収されることによって全身の血管に血糖が流れ込み筋肉細胞や臓器細胞に糖が運ばれていきます。

 

そこで細胞のエネルギー源となりミトコンドリアが糖を燃やして私たちの活動に必要なエネルギーを生み出します。

 

この時、体の各細胞にグルコース(ブドウ糖)を取りこませる働きをするのがすい臓から分泌されるインスリンというホルモンになります。

 

また余った糖質はインスリンによって脂肪細胞や筋肉細胞に蓄えられていきます。

 

インスリンは食後の血糖値が急激に上がり過ぎないように血糖を適切にコントロールしています。

 

しかし何らかの原因でインスリンの分泌量が減ったりインスリンの働きが悪くなると食後の増えた血糖を正常に処理できなくなりずっと血糖値が高い状態が続いてしまいます。

 

⇒高血糖を防ぐには糖の吸収を穏やかにする事が大切

 

 

食後高血糖の原因は高カロリー食

 

血糖値が高くなる主な原因は普段の食生活によるところが大きいです。

 

揚げ物やファストフード等の高脂肪、高コレステロールの食事を日常的に摂取していると血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増え様々な病気の原因になります。

 

その中でも最も心配されるのは血中の中性脂肪が活性酸素の影響で過酸化脂質(悪玉脂質)となって血管内皮に蓄積していき、どんどん血管を狭くしてしまうことです。

 

それによって動脈硬化のリスクが高まり、悪化してしまうと重大な心血管疾患を引き起こしてしまう原因になります。

 

また肥満で体内に中性脂肪が多い状態だとインスリン抵抗性が高くなりホルモンの効き目が悪くなり中々血糖値が下がりません。

 

内臓脂肪型の肥満症でメタボ体型の場合等は特にインスリンの作用が著しく低下してしまいます。

 

肥満の場合はそれにともなって脂肪細胞も大きくなってしまい病気のリスクを高める“TNFα”や“PAI-1”、“アンジオテンシノーゲン”などの悪玉物質が大量に放出されてしまいます。

 

その悪玉物質がインスリン抵抗性を高める原因となります。

 

なので血糖値を下げるためにはまずは肥満を改善して痩せる必要があります。

 

肥満や高血糖などの生活習慣病を同時に発症してしまうと血管への相互作用によって動脈硬化が進行しやすい状態になります。

 

そのまま何の対策も取らないでいると大血管病である心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクが非常に高まってしまいます。

 

 

不摂生な生活習慣が糖尿病を引き起こす

 

飲酒や喫煙、不摂生な生活習慣によって高血糖の状態が長く続くと血管内皮がとても傷つきやすくなるため全身の血管がダメージを受け様々な合併症を発症してしまいます。

 

具体的には血管が細くなることで毛細血管の血流が滞り細胞に栄養や酸素が行き届かなくなってしまい臓器に様々な障害が現われます。

 

合併症の代表例としては視力低下や失明の危険性のある糖尿病性網膜症や人工透析の危険性のある糖尿病性腎症があります。

 

他にも末端の神経細胞に障害が起きることで発症する自律神経障害は立ちくらみや発汗異常、膀胱障害を引き起こします。

 

また神経細胞への血流が完全に止まってしまって痛みなどの刺激に鈍感になってしまう事で気づかないうちに足のちょっとしたキズや怪我が悪化して壊疽を起こしてしまう事もあります。

 

めったいにないことですが最悪の場合には壊疽部分を切断しなければいけない可能性もあり、歩くことさえままならなくなってしまいます。

 

このように血糖値が高いことで引き起こす合併症には日常生活を非常に困難にしてしまうので人生への影響は計りしれません。

 

またこうした合併症は治療困難で一生付き合っていかないといけない病気なので合併症になるまえに血糖コントロールをきちんと行い糖尿病が悪化しないようにきちんと治療に取り組むことが大切です。

 

これらの合併症はどれも血中の増えすぎた糖分のせいで毛細血管が集中している組織に血流が行かなくなることで障害が起き発症する合併症です。

 

また血糖値が高いことによる合併症は毛細血管だけに影響があるのではなく大血管にも障害をもたらします。

 

大血管の場合には慢性的な疾患が多く、急にというよりは時間をかけて徐々に悪化していくケースがほとんどです。

 

 

糖尿病特有の合併症を防ぐには

 

糖尿病の大血管疾患として代表的なものとしては動脈硬化があります。

 

血管が血中の増えすぎた糖によって徐々に血管内皮が傷つきその中にドロドロの過酸化脂質が溜まることで血管壁を厚くして硬くしていってしまいます。

 

そのせいで血管が狭くなり太い血管でも血流が阻害され最終的には詰まってしまいます。

 

その主な大血管疾患として心筋梗塞や脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化が挙げられます。

 

これらの病気は一度発症してしまうと命にかかわるので自分が高血糖だと分かった時点で治療を始めることが大切です。

 

糖尿病治療で大切なのは症状が軽いうちにできるだけ早く発見する事と医師に早期診断してもらう事が重症化を避ける一番の方法です。

 

また食生活の改善が重要で炭水化物やお菓子はあまり食べ過ぎないようにしてできるだけ低糖質のカロリーが低い食事を心がけましょう。

 

ですがいきなりは今までの食習慣をガラッと変えることはなかなか難しいという場合は健康食品などの助けを借りて徐々に見直していくのが一番挫折しない方法だと思います。

 

食生活の改善はとても大変なことなので自分にあまりプレッシャーをかけ過ぎないようにすることも大切な事だと思います。

 

⇒毎日の生活に簡単に取り入れられる血糖値対策