なんで糖質の吸収は抑えた方がいいの?

糖質の吸収を抑える健康メリット

 

糖質の吸収を抑えることで私たちの体には多くのメリットがあります。

 

この記事では低糖質の食事にすることで得られるメリットを詳しく紹介していきたいと思います。

 

まず食事から摂取された糖質は唾液や膵液に含まれる消化酵素・アミラーゼの働きによって2糖類の麦芽糖(マルトース)にまで分解され最終的には麦芽糖やショ糖などの2糖類が酵素の働きによって単糖のブドウ糖に分解されてから小腸から血中にブドウ糖が流れ込みます

 

このブドウ糖が血液中にどれくらいの量存在するかを表した数値がいわゆる血糖値になります。

 

なので血糖値が高い状態というは血中にブドウ糖がたくさんある状態なのです。

 

でもブドウ糖が過剰に血液中にあふれてしまうと肥満や血糖異常により細胞が傷ついてしまうなど色々な問題が起きてきます。

 

体重計

 

糖質の多い食事のせいでブドウ糖が血液中に急増してしまうと、インスリンが多量に分泌されてしまうことになります。

 

インスリンは食事によって増えた血中のブドウ糖を全身の細胞に運んでいき筋肉や脂肪組織に取り込ませる大切な役割を担っています。

 

細胞に取り込まれたブドウ糖は細胞内のミトコンドリアによって分解されて私たちが活動するエネルギーへと変換されていきます。

 

ところが細胞に入ってくるブドウ糖の量が多いとエネルギーとして燃焼されなかった余ったブドウ糖は体脂肪として体内に蓄積されていきます。

 

なのでインスリンが多量に分泌されてしまうと細胞に取り込まれるブドウ糖が必要量を明らかに超えた過剰な状態になってしまい消費しきれなくなってしまうのは当たり前ですよね。

 

甘いお菓子

 

つまり糖質の摂り過ぎは肥満の一番の原因になるので、糖質の吸収を抑えることはダイエットや健康対策をする上で大きなウエイトを占める要因になります。

 

余った糖がいったん体脂肪として蓄積されてしまうとなかなか落とすのが難しくなります。

 

なので体脂肪として定着してしまうまえにエネルギーとしてできるだけ消費してしまうかそもそも糖質の摂取を抑えることが肥満を予防して健康な体を維持するためには欠かせません。

 

また糖尿病や脂質異常症、高血圧といった生活習慣病も糖質の摂り過ぎによる肥満が原因の根底になっているため健康を維持するためにも過剰な糖質の摂取はNGです。

 

 

食事で摂取する糖質を手軽にカットできる低糖質商品が大人気

糖質カットの食事

 

食後の血糖値を上げ過ぎないためには食事で摂取する糖質を多過ぎないように適切な量にコントロールすることが大切です。

 

やっぱり一番、糖質が多いのはご飯や麺類などの主食の栄養素の大部分を占める炭水化物です。

 

あと言うまでもありませんが、アイスやクッキー、クレープ、ケーキなどの甘いお菓子にも大量の糖質が含まれています。

 

なので最近は糖質オフ食品が人気でコンビニでも小麦の外皮を使ったブランパン(ローソン)やブランロール(ファミマ)などの低糖質のパンが若い女性を中心に人気が高まっています。

 

ブラン(外皮)を使うだけで普通の小麦のパンよりも糖質を80%以上もカットできます。

 

また健康の数値を気にする40代や50代の男性にも糖質の摂取を抑えたいというニーズが高まりを見せているようで、大手外食チェーンを中心に糖質を大幅にカットした低糖質メニューを提供するお店が増えてきています。

 

牛丼チェーンのすき家では糖質が一番多いご飯をサラダのキャベツとトウモロコシ、豆腐に変えた牛丼ライトというメニューがあります。

 

他にも博多一風堂では糖質の多い小麦粉麺ではなく豆腐を使った『白丸とんこつ百年豆腐』という期間限定メニューが話題になりました。

 

また人気ラーメン店の秀ちゃんラーメンでは麺の代わりにキャベツを細切りにして麺に見立てた『ラーキャベ』なるメニューまで登場しました。

 

 

糖質の摂り過ぎによる健康への悪影響とは?

糖質の摂り過ぎ食事メニュー

 

糖質の摂り過ぎは食後の血糖値を急激に上昇させてしまうので、血糖値を下げようとしてインスリンが大量に分泌されてしまうわけですがそれにはすい臓に大きな負担がかかっていることを忘れていはいけません。

 

すい臓が疲弊してしまいインスリンが十分な量分泌されなくなったりタイミングが遅くなったりますます糖代謝能力が低下していきます。

 

そいった食生活を長く続けていると次第に血糖値も元の値にまで戻すのに時間がかかるようになり、血糖値が下がりづらくなります。

 

さらに加齢によってもインスリンの分泌能力は低下していくのでそのまま何の対策もせずに放置してしまうと糖尿病を発症するリスクがかなり高くなります。

 

なので40代に近づいてきたら糖質の摂り過ぎはできるだけ控えるようにすることが健康に長生きするためには大切です。

 

食べた分は運動で消費するなど糖質の吸収とエネルギー消費のバランスを調整して糖が体のなかでだぶつかないように心がけましょう。

 

40代を超えると若い頃と比べて確実にだぶついた糖が贅肉として蓄積されやすくなります。

 

ぜい肉が増えてしまうと脂肪細胞から悪玉ホルモンが分泌されるようになりインスリンの働きを邪魔することが分かっています。

 

それによって食後にインスリンが分泌されてもいつまでも血中のブドウ糖が細胞内に入っていかないせいで血糖値が高止まりしてしまうことになります。

 

すると過剰な糖が血管の細胞のたんぱくと結びついて血管をぐずぐずに傷つけてしまいます。

 

傷ついた血管はプラークができやすくなり動脈硬化の原因になります。