難消化性デキストリンが食後の血糖値上昇を穏やかにする

緑茶入り青汁

 

大麦若葉青汁 難消化性デキストリンには名前の通り難消化性デキストリンの働きによって血糖値への効果が期待できる青汁です。

 

難消化性デキストリンとはトウモロコシのでんぷんから抽出した水溶性食物繊維のことで食事に含まれる糖質やコレステロールの吸収を穏やかにする働きがあります。

 

小腸からのブドウ糖吸収が時間をかけて行われることで食後の急激な血糖値上昇を抑えることができます。

 

管理栄養士の食事指導でも血糖値が高めの場合には水溶性食物繊維を多く含む食品を積極的に食べるようにアドバイスすることがよくあるので、難消化性デキストリンは糖尿病対策にはもとても効果的です。

 

血糖値対策に効果的

 

体内でのメカニズムとしては難消化デキストリンが小腸粘膜からブドウ糖が吸収されるのをブロックする働きがあるので食事に含まれる糖質が一気に血中になだれ込むのを防いで糖が吸収されるスピードを緩やかにする効果があります。

 

それによって食後の血糖値の急激な上昇を防げるので食後30分でピークになる血糖値の上限を低く抑えることができます。

 

このように血糖値が緩やかに上昇することでインスリンが少ない量で済むので細胞に取り込まれるブドウ糖を本来よりも減らす効果があります。

 

インスリンの働きによって細胞にどんどんブドウ糖が取り込まれてしまうとエネルギーとして消費しきれずに余ってしまうことになります。

 

それがそのまま体脂肪として脂肪組織に定着してしまうといわゆる贅肉がついて肥満と呼ばれる状態になってしまいます。

 

糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇が抑えられれば脂肪細胞に余った糖が体脂肪として蓄積されるのを防ぐことができるので血糖値対策だけでなく肥満の予防にも繋がります。

 

 

大麦若葉青汁は現代人に不足しがちな栄養素を厳選して配合

 

大麦若葉青汁には血糖値対策に効果的な難消化性デキストリンだけじゃなくビタミンB2、葉酸、鉄分などの私たちの健康に欠かせない栄養素がたっぷりはいっているので大麦若葉青汁を毎日飲むだけで必要な栄養素を効果的に補うことができます。

 

特に女性は鉄分不足に陥りやすいので、粉末100gあたりほうれん草の約9倍の鉄分が含まれている大麦若葉青汁で十分に不足しがちな鉄分を補うことができます。

 

青汁の粉末

 

また妊活や妊娠中の方には葉酸が含まれているのもうれしいですよね。

 

また大手製薬会社の大正製薬が販売しているので原材料の安全・安心にもこだわっていて農薬や化学肥料が不使用のオーガニックの大麦若葉を使用しているので安心して飲むことができます。

 

大正製薬の青汁なら安心だと言って飲んでみようと思われる方も多いようです。

 

やっぱり毎日口に入れるものなので原料や品質は大切です。

 

大麦若葉青汁 難消化性デキストリンのお試し購入がとてもお得になっていて通常価格の70%OFFの税込1080円で申し込むことができます。

 

通常価格は3800円プラス消費税がかかるのでまだ効果があるかどうか分からない段階でその金額を支払うのはなかなか勇気がいりますよね。

 

 

大麦若葉青汁はクセがなくてとても飲みやすい

 

大麦若葉青汁 難消化性デキストリンのような健康食品はちょっと続けただけじゃ効果は出ないのである程度の期間続けることがどうしても必要になってきます。

 

なので味が美味しいというのは続けていく上でとても大切な要素になります。

 

青汁と聞くとどうしても苦くてまずいという印象がありますが、大正製薬のヘルスマネージ『大麦若葉青汁 難消化性デキストリン』は抹茶が入っているのでクセがなくとても飲みやすいのが特徴です。

 

青臭い感じも無くて、飲みやすいマイルドな味わいの青汁に仕上がっています。

 

飲みやすい青汁

 

やっぱりいくら健康に良くても味が美味しくなければなかなか続けるのは難しいと思います。

 

あとは効果が本当にあるのか疑心暗鬼になってしまうとたとて有効な成分だったとしても心理的障壁によって効果がでずらくなってしまうケースもけっこうあります。

 

ですが、大麦若葉青汁 難消化性デキストリンは消費者庁に糖の吸収を穏やかにする効果で認定を受けたトクホ商品なので効果も実証済みです。

 

続ければ効果があるのは実証されているので血糖値が気になる方はまずは大麦若葉青汁 難消化性デキストリンを始めてみてはいかがでしょうか。