からだすこやか茶Wで美味しい食事を我慢せずに楽しめる

メタボに悩む中高年層の間でトクホ飲料のからだすこやか茶WがCMなどの影響で最近人気となっています。

 

からだすこやか茶Wはどんな食事にも合って飲みやすいので天ぷらやかつ丼、ラーメンなど脂肪と糖が多い食事をする際には一緒に飲むことで糖の吸収がおだやかにして脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

 

やっぱり血糖値対策は継続できる方法かどうかが大切で低糖質食品など味気ない食事では長続きさせるのは難しいと思います。

 

その点、CM放送中のからだすこやか茶Wなら毎日の習慣として朝昼夜の食事と一緒にいつものお茶代わりに取り入れることができるので手軽に食後の脂肪と糖の吸収を抑えて中高年層が気になる生活習慣病対策ができます。

 

やっぱりステーキやカツカレーかつ丼、肉うどん牛丼など美味しいと感じる食事は脂肪と糖でできているなとあらためて思うので健康が気になる年齢になっても美味しい食事を気にせず食べたいという方にはからだすこやか茶Wがおすすめです。

 

またからだすこやか茶Wは食事の味を邪魔しないので気に入っています。

 

>>食後の血糖値が高めの方にサラシア100

 

 

トクホのお茶がメタボに悩む人たちに大人気

 

トクホのお茶と言えば今まで香川照之さんがCM出演していたヘルシア緑茶やサントリーの黒烏龍茶が有名でしたがここにきてコカコーラも成長市場ととらえて新商品のからだすこやか茶Wの販売に踏み切ったようです。

 

最近はからだすこやか茶WのテレビCMがバンバン流れているので企業の力の入れようが分かりますね。

 

からだすこやか茶Wは健康診断で中性脂肪の数値が高めだと指摘を受けた人や食後高血糖が気になる人におすすめです。

 

からだすこやか茶Wに含まれているトウモロコシやじゃがいもから抽出した難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)の働きによって糖の吸収を緩やかにして脂肪の吸収を抑える効果があります。

 

デキストリンとはでんぷんのことで難消化性デキストリンは文字通り消化吸収されにくいデキストリンということになります。

 

 

トクホ飲料で話題の難消化性デキストリンの働き

 

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種なので腸内で水分を吸収するとゲル状になり消化された内容物を包み込む働きがあるので消化酵素による糖の分解が遅くなり脂肪の吸収も抑えらるので食後血糖値の上昇がゆるやかになり余分な脂肪吸収も抑えることが出来ます。

 

そして余分な糖や脂肪はそのまま難消化性デキストリンに包まれて体外に排出されるので食後高血糖対策やダイエット商品として難消化性デキストリンを含むトクホ商品が注目を集めています。

 

からだすこやか茶Wもその流れにのった商品だと言えます。

 

からだすこやか茶Wのようなトクホ認定のお茶は国からのお墨付きがあるので健康上安心して飲むことが出来ます。

 

特にCM放送中のからだすこやか茶Wは脂肪と糖の両方に働くダブルトクホ飲料というところが他社の商品に比べて優れている点だと思います。

 

普通はサントリーの黒烏龍茶のように脂肪か糖かどちらか一方に効果があるというのが普通ですが、からだすこやか茶Wは脂肪と糖の吸収をおだやかにしてくれるのでメタボ気味の私にとっては大変助かっています。

 

最近お腹周りの脂肪が目立ってきてこのままでは次の健康診断の数値は相当悪いだろうなとずっと気がかりでしたが、からだすこやか茶Wを飲み続けて生活改善を図っていきたいと思います。

 

からだすこやか茶Wのようなトクホ飲料は飲み始めたからといってすぐに効果が実感できるものではないので最低半年は続けて地道に血糖値や中性脂肪の数値を改善していけたらいいなと思っています。

 

また週に2日程度ウォーキングも始めたので3日坊主にならないようにきちんと継続できるようにがんばっていきたいと思います。